戸狩温泉スキー場 2016年12月17日からシーズン営業開始!

12月になり、街がクリスマスのイルミネーションで彩られる頃、戸狩では最も活気溢れる時期を迎えます。
そう、今年もスキーシーズン到来です!

2016年は、12月17日(土)にいよいよ、戸狩温泉スキー場がオープンします!2017年4月2日(日)までの間、沢山のスキーヤー、スノーボーダーをお迎えする準備も万端です!

戸狩では、早くも雪が降り積もっています。途中雨になって心配な時もありましたが、また雪が降り始めた様です。ゲレンデを整備する巨大な圧雪車も、いよいよ本格始動です。

そこで、戸狩温泉スキー場ナビ「戸狩の玉手箱」も本格始動致します!
戸狩温泉スキー場の魅力を色々な角度から、皆様にご紹介して参ります!

戸狩温泉スキー場の成り立ち

私が初めて戸狩に行った時、民宿や食堂の方々が戸狩温泉スキー場の成り立ちについて話して下さいました。

その昔、豪雪地帯と言われる奥信濃の飯山周辺では、冬になると雪に囲まれ、仕事をする事ができませんでした。その為、多くの働き手は他県へ出稼ぎに行く事が普通だったのだそうです。
そんな中、約60年前に豪雪地帯である事と、立派な里山がある事を活かして、スキー場(当時は太田スキー場と言われていました)と民宿が誕生したのだとか。それからは、冬の出稼ぎはなくなっていきました。
スキー場と民宿の歴史は、戸狩の方々の「冬時間」を大きく変えるものだったのですね。

幻想的な戸狩の冬

幻想的な戸狩の冬

どことなく流れる、
のんびりとした空気。
温かな雰囲気。
飾らないもてなし。
民宿でも、レストランでも、スキー場でも。

戸狩の「冬時間」の歴史に思いを馳せながら、今年は少しだけゆったり、ほっこり。
戸狩自慢の上質な雪と、戯れてみませんか?

次回もお楽しみに!

Toshie
「とんがり戸狩」編集長/キュレーター、WEBデザイナー
お酒と温泉をこよなく愛する。大学時代、成り行きで山岳部主将になって以来、体力に自信はないけど山が好き。信越トレイル走破を企む今日この頃。「何事も全力で楽しむ!」が人生のモットー。