小さい頃、長野県出身の母がよく作ってくれた「ニラせんべい」
長野の農家の畑の隅には必ずニラが植えてあり、春から秋にかけていつでも穫れるニラを使ったこのお料理は、畑仕事のおこびる(小昼)として、子供のおやつとしてとても馴染み深い食べ物。そんな「ニラせんべい」は、まさに北信州のソウルフードと言っても過言ではありません!

あの頃は、子供心にホットケーキの方がいいのにな〜とか、ちょっと思ってましたが。(子供でニラ好きって聞いたことがない。)
やはり癖のある食べ物は、大人になる程に好きになります。
近頃スーパーでニラが安いので、ふと思い出し、突然食べたくなり、母にレシピを教えてもらいました。
さっそくお昼ごはんにトライ!

レシピ

材料 (4人分)

    【直径約26cmのフライパン1枚分】

  • 小麦粉(薄力粉) 100g
  • 水 100cc
  • 卵 1コ
  • にら 10本くらい
  • 砂糖 大さじ1
  • みそ 大さじ1/2
  • 塩 小さじ1/2
  • サラダ油 適量
    【つけ醤油】※お好みで

  • 醤油 大さじ1
  • 砂糖 大さじ1 1/2
RabbitMom

1. にらは2cm幅くらいに切る。

ニラ

2. 溶き卵に、水・砂糖・みそをいれよく混ぜる。さらに粉を少しづつ加え混ぜ合わせる。
最後に切っておいたニラを入れ、さっくり混ぜ合わせる。

ニラせんべいの生地をこねる

beans

小麦粉は余裕があればふるっておくとダマになりにくです。

3. 熱したフライパンに薄く油を敷き、フライパンの全面に(2)を流し入れる。
縁が固まってきて、裏面に焼き色がついたら、ひっくり返す。

ニラせんべい片面焼

beans

フライパンは一度加熱した後、濡れ布巾で冷ましてから、生地を投入すると均一に焼けます。

4. 両面をこんがり焼いて出来上がり。お好みでつけ醤油をつけて食べてもよし。

ニラせんべい両面焼

時短節約レシピと思えない。3口食べたら、「ニラせんべい」の虜

「具、ニラだけ!?」と思われる方に、是非味わって欲しい。
「ニラだけで、いいんです!」むしろ「ニラだけが、いいんです!」

一口目、もっちり、もちもち〜。
初めて食べても、「あー懐かしい」て思わず言ってしまうと思います。
二口目、優しい味噌の風味とニラの香りが後を引き、
三口目からは、もうパクパク。
完全にお昼からビールを飲みたくなる味。お酒のおつまみにもぴったり!

とにかく調理も簡単!時短・節約レシピです。
小腹がすいたなーって時に、パパッとつくれるのが魅力。
冷蔵庫にニラと、(卵をいれない家庭もあるので)後は余った小麦粉があればOK!
お腹にもお財布にもとって優しい「ニラせんべい」
「シンプルイズベストフード賞」なるものがあったら、間違いなく受賞ものです。

各家庭によって味付けのレシピも変わるので、少々の分量違いもなんのその。
是非お好みの味付けを発掘してみてください!

mica
WEBデザイナー/キュレーター
第一子をお腹に授かり、今後の子育てにワクワクの日々。
ストレス発散は、ライブ、愛犬と戯れること、洋服を買うこと! 最近はギターを練習中。