長野県飯山市戸狩発の熱〜い夏フェス!

飯山の方言で「一緒に騒ごうよ!」という意味である「さわごさ」の名が付いたイベント。今年で9年目を迎え、2日間で、のべ5000名を動員する音楽フェス「飯山さわごさ」。それは郷土愛に溢れる、熱い男達によって作られ、大切に受け継がれてきました。
戸狩から発信される”魂のフェス”「飯山さわごさ」をご紹介します!

13446222_1122625361093939_2033656665_o

「飯山さわごさ」は毎年、戸狩温泉スキー場のとんだいら高原で行われています。実行委員長は歴代、戸狩地区の方が務めてきたそうです。
今年の実行委員長、松山さんは戸狩地区にお住まいではありませんが、仕事で戸狩に行く機会を得て、そこで戸狩の人達の団結力の強さを感じたそうです。
「楽しそうだったから、仲良くさせて頂くようになったんですよね。」と明るい声で話して下さいました。

13461230_1122625451093930_319073160_o

松山さん:仲良く、言いたいことは何でも言い合い、気兼ねなく付き合う。そういう人達の集まりです。
最初は住んでいる地区が違う自分は、正直、仲間に入りづらかったんですよね(笑)でも、入ってしまえば家族のように関わってくれる。自分次第って事ですよね。

松山さんは、普段、飯山市で看板やTシャツ、ステッカー、ノベルティーなどを制作する会社の代表として、忙しくも充実した日々を過ごされています。
歴代の実行委員長を務められてきた方々も、飯山市で活躍されている方ばかりです。
仕事以外の活動として、これだけの大きなイベントを運営する事は、大変なご苦労があるのではないでしょうか。

13446178_1122625287760613_1900780879_o

松山さん:「飯山さわごさ」の運営は、ボランティアです。基本的にはさわごさが好きな人達が集まってやっているんですね。「こういう事をしたい!ああいう事をしたい!」と、毎年熱く語り合いながら、意見を出し合い、イベントの内容を決めていきます。
でも、お金は出ない。仕事は皆、別にやっているわけですからね。そういう状況の中、これだけ大きな規模のイベントを立ち上げるのって、メチャクチャ体力が要りますよね。
「地元を活性化したい!!」という思いがありますね。若者が楽しめる様な場所ならば、出会いの輪も広がっていく。ファミリーが楽しめる様な場所ならば、「今年も夏はさわごさ行くか!」と言ってもらえる。そういうイベントを作りたいと思ってやっています。

13460941_1122625477760594_778655645_o

「地元を活性化させたい。」「戸狩で面白い事やってるぞと言われたい。」「自分の子供達世代が大きくなった時、魅力を感じてくれる様な飯山を作りたい。」そんな歴代の実行委員長達の思いは、今年も受け継がれています。
「飯山さわごさ」は多くの人から親しまれ愛されている、手作りの音楽フェスなんですね。
それにしても、これだけ大規模なイベントを、どの様に準備されているのですか?

松山さん:そうですね、まず出演アーティストの方々への依頼や調整。フェス全体の内容。出店などの事を細かく決めます。会場も自分達で作っていきます。夏のゲレンデが会場なので、草刈りをしたり、メインステージ以外の屋内ステージと森の中のステージの2つは自分達で作ります。
毎年、中心となるスタッフは30人位で、当日は友人、知人、地元の高校生にもお手伝いをお願いしています。お揃いのTシャツを着て和気あいあいと頑張っています。そして若い世代にも「さわごさ」を受け継いでいって欲しい、そう願っています。
準備期間は約1年。でも、冬はスキー場関係の仕事をしている人が多いため、本格的に準備が始動するのは4月位からですね。短期間で様々な準備をこなします。プレッシャーで押し潰されそうですね(笑)
また、自分達のやりたい事を実現するために、地元飯山市の企業やお店など、スタッフの繋がりのある方々を中心にお願いをして、協力金を頂いています。その協力金でイベントを立ち上げているので、一切の無駄なお金はありません。
ですから、「飯山さわごさ」は「頑張れよ、期待しているぞ!」と言って応援して下さる方々の、思いの結晶でもあるんです。

13441760_1122625414427267_1661842107_o

沢山の方々の思いが込もった、素敵な音楽フェスなんですね。益々行ってみたくなりました!「飯山さわごさ」の2日間について教えて下さい。

松山さん:1日目は10時から始まり、22時にメインステージが終わると、そこから繋がる様に屋内ステージと森の中のステージで、それぞれジャンルの違う音楽が流れます。レゲエだったり、ダンスミュージックだったり。3ステージ共、違う楽しみ方ができるのが魅力です。そして、ステージは27時まで続くんですよ!
1日目はプロのアーティストの方々に出演して頂きます。さわごさに合う様なジャンルのアーティストの方にお願いしています。2日目はステージが空きますのでアマチュアの方々に、ステージで発表してみませんか?と募集します。2日目は地域の保育園から中学生位までのダンスチームなどが発表してくれます。アットホームな雰囲気で盛り上がって頂いています。

13461311_1122625484427260_2080553980_o

屋台や出店は雑貨、アパレル、飲食関係など合わせて40〜50店程、参加して頂いています。会場内は所狭しと店が並び、活気に溢れます。屋台や出店で美味しい食べ物とビールを買って、様々なジャンルの音楽を楽しんで頂く。

また、ワークショップやアウトドア、ハットバイクというアメリカ生まれの自転車などの体験、ボルダリングなども今年は登場します。スキー場の傾斜を利用したアクティビティーも計画中です。ぜひ、家族で楽しんで頂きたいです。

冬しかお客様が来ないスキー場。だからこそ、「夏のグリーンシーズンでもこんなに面白い事をやっているんだよ!」というアピールをしたいです。そうする事で、冬しか戸狩温泉スキー場に来た事がないという方も、フェスにも来て頂きたいですし、逆にフェスにしか来た事がないという方がスキーシーズンにも来て頂ければ嬉しいですね。

13453416_1122625351093940_883803035_o

会場を少し登れば信越トレイル、戸狩トレイルができますし、千曲川ではカヌーやラフティングなども楽しめますね。サイクリングも飯山駅でレンタルする事ができます。
まさに「アウトドアスポーツ天国 飯山」。
この「飯山さわごさ」をきっかけに、多くの方に自然豊かな飯山、そして戸狩の魅力を知って頂けそうですね。

松山さん:そういうところに繋げていけたら嬉しいですね。会場はペガサスゲレンデ入り口から、更に10分程車で上がった、とんだいらという所で、すり鉢状になっている様な場所です。駐車場もありますし、下の駐車場を利用される方の為にシャトルバスも走ります。
また、今年は電車で来られた方向けのツアーも考えています。「飯山駅出発 手ぶらでキャンプフェス!」みたいなツアーがあったらもっと多くの方に、気軽に楽しんで頂けるのではないかと思っています。

13453411_1122625434427265_972917371_o

「飯山さわごさ」の魅力は何だと思いますか?

松山さん:「飯山さわごさ」の自慢は、出演して頂ける素敵なアーティストの方々だけではありません。地域の繋がりや、アットホームな雰囲気。大自然と音楽の融合。
チケットも手頃で、前売り券で3,000円です。皆さんに楽しんで頂けるイベントです。
今、出演アーティストさん達と交渉中です。ジャンルは様々ですが、さわごさの雰囲気に合う音楽を、という思いが根底にあります。自然の中で聴いた時に、「あ、気持ち良い!」と思って頂ける様な音楽を、さわごさに来て下さった皆さんにお届けしたいです。そして何よりスタッフ全員に楽しんで貰いたいですね。

13467563_1122625417760600_321093608_o

明るく元気にお話し下さった松山さん、とても素敵でした。
長野県飯山市の音楽フェス、「飯山さわごさ」
今年も、たくさんの人達の熱い思いを乗せて、走り出しています。
心地良い音楽と豊かな自然が、戸狩の夏を鮮やかに彩ってくれる事でしょう。

6月から前売りチケットが、ローソンチケットから発売されています。
詳しくは「飯山さわごさ2016公式サイト」をチェックしてみて下さいね!

「飯山さわごさ」
www.sawagosa.com/
2016 8/20(土)、21(日)

Toshie
「とんがり戸狩」編集長/キュレーター、WEBデザイナー
お酒と温泉をこよなく愛する。大学時代、成り行きで山岳部主将になって以来、体力に自信はないけど山が好き。信越トレイル走破を企む今日この頃。「何事も全力で楽しむ!」が人生のモットー。